2022 年 04 月 01 日
- 2022 年 05 月 14 日
+ 加入日程
Tokyo

PIRAMIDE BUILDING, 1F, 6-6-9 ROPPONGI, MINATO-KU

Perrotin and Kasmin are delighted to announce a jointly organized exhibition of new works by American artist Mark Ryden (b. 1963, United States). Encompassing the newly created series of bronze sculptures and drawings of the mysterious entity Yakalina, the exhibition is conceived as a component of the artist’s upcoming exhibition, Animal Secrets, opening at Perrotin Paris in May.


ペロタンとカスミンはこのたび、米国人アーティスト、マーク・ライデン(1963年米国生まれ)による新作の展覧会を共催いたします。謎に包まれた存在であるYakalina(ヤカリーナ)のブロンズ彫刻とドローイングの新シリーズを含む本展は、5月にペロタンパリにて開催予定の展覧会「Animal Secrets」を構成する要素として着想されました。

Exhibition views of ‘Yakalina 9’ at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist, Perrotin, and Kasmin
Exhibition views of ‘Yakalina 9’ at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist, Perrotin, and Kasmin
Exhibition views of ‘Yakalina 9’ at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist, Perrotin, and Kasmin
Exhibition views of ‘Yakalina 9’ at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist, Perrotin, and Kasmin

Mark Ryden’s imaginative artistic play manifests itself through layers of meanings and connotations. The artist’s creation is an ode to craftsmanship and refined materiality, from exquisite pictorial imagery to lavishly decorated frames. At the same time, the artist probes into the invisible and secret order of the universe and interprets the life of things that are filled with spiritual essence. Exploring the symbolic significance of elements that inhabit his metaphorical landscapes, Ryden’s work evokes the feeling of awe of the mysterious, sometimes uncanny world.


マーク・ライデンの想像力に富んだ芸術的行為は、意味や含蓄を幾層にも重ねながら体現されています。その優美な絵的表現から豪華に装飾された額に至るまで、ライデンの創造は技巧と洗練された物質性への頌歌なのです。また同時に、ライデンは目に見えない、宇宙の秘められた秩序を深く考察し、霊的な真髄に満ちた存在を解釈しています。ライデンの作品は、その隠喩的な景色に息づく要素の象徴的な意味を探求しながら、神秘的でときに不可思議な世界への畏怖の念を呼び起こすものです。

Yakalina 9 features sculptures and drawings of the mysterious animal recently created by Ryden. Yakalina has a long conical body covered with fur apart from the face, whose appearance is both lovely and eerie. This type of long-lasting iconography tradition goes back to the Bronze Age’s imagery and refers to a human or a deity’s figure with outstretched arms symbolizing worshiping and piety. Adopted by early Christians, the orans posture keeps appearing in classical religious art: from the prayer figures in Roman catacomb frescoes to the depiction of the Virgin Mary as Our Lady of the Sign in the icons and mosaics of Byzantine art.


「Yakalina 9」では、ライデンの近作である神秘的な動物の彫刻とドローイングが展示されます。ヤカリーナの体は細長い円すい形で、顔を除く全身は毛皮で覆われ、愛らしくも不気味な姿をしています。このように両腕を広げた人間や神の姿は崇拝や敬神を象徴する表現で、青銅時代から永続する伝統的な図像です。初期キリスト教徒によって取り入れられたオランス(祈る人)のポーズは、ローマ・カタコンベのフレスコ画にみられる祈る人々の姿から、「しるしの聖母」としてビザンチン美術のイコン(聖像画)やモザイク画に描かれた聖母マリアに至るまで、さまざまな古典的宗教美術に繰り返し登場しています。

The simple yet powerful image transcends the boundaries of physical form to represent sublime matter. Ryden rethinks this iconography of worship within his artistic imagery by connecting it to Anima Animals, a recurring subject in Ryden’s artistic practice. As threshold figures, they guide a viewer through the field of the unknown, inducing the spirit of creativity to rediscover one’s connection with nature and the divine. Ryden believes that “if you ask for your animal spirit, it will come to you. Close your eyes, look inward, and ask your animal guide to come, then keep your eyes open for a visitation.”


このシンプルでありながら力強い表象は、物理的な形状の限界を超え、崇高な事象を表しています。ライデンは、そのプラクティスでたびたび扱われる題材「Anima Animals」(アニマ・アニマルズ)と崇拝のイコノグラフィーを結びつけ、自身の芸術的表現を通して再考しています。これらの像がきっかけとなり、鑑賞者を未知なる世界へと導き入れ、創造的な精神を引き出すとともに、私たちと自然や神性との繋がりを再発見させます。ライデンは「あなたが望むなら、アニマル・スピリットはあなたの元を訪れます。目を閉じ、心の内側に目を向け、あなたを導く動物に呼びかけたら、目を開け、来訪を待つのです」と語ります。

Exhibited alongside Ryden’s sculptures, are his drawings of Yakalina, which have visual similarities with the old alchemy manuscripts. Intellectual play with symbols, alchemy emblems, structures, and numbers in the works denotes a hidden order inaccessible to the uninitiated. As a hermetic text, the artist’s oeuvre is obscure. The very moment of contemplation of artistic endeavor, that does not necessarily have to be fully decoded, awakens the feeling of utter wonder when one encounters the intangible reality manifested in physical form.


今回、彫刻と並んで展示されるのはヤカリーナのドローイングで、そのビジュアルは錬金術の古写本を思わせます。作品にみられる、シンボル、錬金術記号、構造、数字などを駆使した知性的な行為は、手ほどきを受けざる者には近づくことのできない、秘めた秩序を示しています。ヘルメス文書のごとく、ライデンによる一連の作品の本質は不明瞭です。しかし、必ずしも解読する必要のない芸術的な試みを熟考する瞬間こそ、物理的な形状から浮かび上がる無形の現実に遭遇する驚嘆の感覚を呼び起こすのです。

Exhibition views of ‘Yakalina 9’ at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist, Perrotin, and Kasmin
Exhibition views of ‘Yakalina 9’ at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist, Perrotin, and Kasmin

If your eyes are open, you can see the face of the divine wherever you look.



目を開いていれば、どこにでも神性な顔を見いだせるのです。

— Mark Ryden マーク・ライデン
Mark RYDEN

Born in Medford, Oregon, USA
Lives and works in Portland, Oregon, USA

Mark Ryden received his BFA from the Art Center College of Design in Pasadena, California in 1987. His paintings have been exhibited in museums and galleries worldwide, including a 2016 career-spanning retrospective Cámara de las maravillas at The Centro de Arte Contemporáneo of Málaga, as well as an earlier retrospective Wondertoonel at the Frye Museum of Art in Seattle and Pasadena Museum of California Art (2004–2005). In 2017 Ryden was commissioned to create the set and costume design for a new production of Whipped Cream, put on by the American Ballet Theatre with choreography by Alexei Ratmansky. The drawings, sketches and paintings created by Ryden for the ballet were exhibited concurrently at the Gallery Met located at the Metropolitan Opera House and at Kasmin. Ryden currently lives and works in Portland, Oregon.


マーク・ライデンは、1987年にカリフォルニア州パサデナのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインにて学士号を取得しました。ライデンの絵画は世界各国の美術館やギャラリーに展示されており、例としてスペイン・マラガ現代美術館にて開催された作家活動を網羅した回顧展「Cámara de las maravillas」(2016年)や、シアトル・フライ美術館とパサデナ・カリフォルニア美術館にて開催の回顧展「Wondertoonel」(2004~2005年)などがあります。2017年には、アメリカン・バレエ・シアターによるアレクセイ・ラトマンスキー振付の新プロダクション「ホイップクリーム」の舞台装置と衣装デザインを依頼されました。同公演のためにライデンが制作したドローイング、スケッチ、絵画は、メトロポリタン・オペラ・ハウス内のギャラリー・メットならびにカスミンにて同時展示されました。ライデンは現在、オレゴン州ポートランドに在住・活動しています。



More about the artist
MORE ON SOCIAL MEDIA 👀
Shop
List of artworks
ROOM 1
ROOM 2