Jesper JUST
SEMINARIUM
solo show
December 01
- 28, 2021
+ add to my calendar
Tokyo

PIRAMIDE BUILDING, 1F, 6-6-9 ROPPONGI, MINATO-KU

Perrotin Tokyo is pleased to present Seminarium, Jesper Just’s first solo exhibition in Japan. The Danish artist is known worldwide for his films and multi-projection video installations. Here, his works Seminarium and Interpassivities create a new dialogue with the space.


ペロタン東京はこのたび、デンマーク人アーティスト、ジェスパー・ジャストの日本初となる個展「Seminarium」(セミナリウム)を開催いたします。ジャストは、映像作品とマルチ・プロジェクションによるビデオインスタレーションで国際的に知られ、本展では2つの作品シリーズ《Seminarium》と《Interpassivities》(インターパッシビティーズ)が再構成され、空間や鑑賞者との新たな対話を生み出します。

Exhibition view of Jesper Just "Seminarium" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the Artist & Perrotin.

Seminarium is an amalgamated installation of four recently produced film works extending throughout the gallery. The viewer is part of an intimate and sensual encounter with luminous violet bodies and a floating woman whose voice fills the exhibition like a commercial voice-over for a body-optimising product. “Experience emotional wellness with clinically proven biofeedback technology,” the voice intones. “Ready. Play. Feel...” Seminarium addresses the perpetual human drive—past and present—to cultivate super-plants and super-bodies: to control nature and force it to assume specific shapes and properties.


作品シリーズ《Seminarium》は、近年制作された4つの映像作品がギャラリー全体に広がる、トータル・インスタレーションです。鑑賞者は作品の一部として、紫色に発光する身体や、浮遊する女性との親密で官能的な出逢いを果たします。展覧会場に響き渡る女性の声はあたかも、身体を最適化する商品のCMナレーションのようです。その声は“Experience emotional wellness with clinically proven biofeedback technology”(臨床的に証明されたバイオ・フィードバック技術で、精神的健康を体感しましょう)と謳います。“Ready. Play. Feel...”(レディ、プレイ、フィール…)《Seminarium》は、古今を問わず“超植物”や“超身体”の培養を試みる人間の永久的欲求、すなわち自然を自在に操り、強制的に特定の形状や特性を持たせる様を示唆しています。

The work’s title Seminarium derives from Latin and originally held the meaning of ‘plant nursery’, later also being used to refer to educational institutions where new knowledge and cognition are nurtured. Just’s total installation incorporates the ideas behind this sociocultural reference in an elaborate, sculptural ecosystem of plants and video screens.


作品タイトル《Seminarium》はラテン語に由来し、元来「苗床」を意味しますが、転じて新しい知識や認識をはぐくむ教育機関を指す言葉です。ジャストによるトータル・インスタレーションは、こうした社会文化的な言及の背景にある発想を、植物とビデオ・スクリーンによる精巧な“彫刻的生態系”のなかに取り入れています。

Seminarium confronts the ongoing human desire—past and present—to cultivate and develop “super” species, whether plants or bodies; to control nature and force it to assume specific shapes and properties.



《Seminarium》は、植物であれ身体であれ、自然を自在に操ることで強制的に特定の形状や特性を持たせ、「超」種を栽培・開発したいと願う、古今を問わず続く人間の欲求に向き合うものです。



— Jesper Just

The exhibition continues to the second room where visitors encounter still images from the artist’s ongoing Interpassivities series. In this performance series, Just explores ideas of agency, performativity, and interpassivity, using the formal language of ballet to discuss the body in both its idealized and fractured forms.


本展はさらに、2つ目の部屋へと続き、鑑賞者は現在進行中のシリーズ《Interpassivities》より、一連の静止画に出逢います。このパフォーマンス・シリーズでジャストは、バレエの形式言語を用いて理想化された形の身体と破壊された形の身体について論じるとともに、主体性、遂行性、相互受動性といった概念を探求しています。

All dancers connect to each other as in a circuit — hand to foot, head to toe, hand to hand. Music is sent through an electronic muscle stimulation system (EMS), in which electrical impulses are sent via electrodes into the dancers’ muscles, which contract in reaction. The camera’s intimate gaze focuses on close-ups of the body — the blink of an eye, a flexed pelvic muscle, hairs standing on end atop a dancer’s forearm. The electrical impulses that affect the filmed muscles are one rather direct, almost invasive, intervention to the body, making the dance a passive display of spasms. In fact, the bodies do not dance here, they are being danced by the music.


音楽は“電気筋肉刺激システム”(EMS)の電極を通して、ダンサーたちの筋肉を収縮させる電気的インパルスとして送られます。カメラの親密な“眼差し”は、ダンサーのまばたき、屈曲した骨盤筋、ダンサーの前腕に逆立つ毛など、接写や、身体のパーツに焦点を当てています。ダンサーたちの筋肉に影響を与える電気的インパルスは直接的で、もはや侵襲的ともいえる身体への介入であり、これによりダンスは受動的なけいれんとなります。ここでは、身体は踊るのではなく、音楽によって踊らされているのです。

Exhibition view of Jesper Just "Seminarium" at Perrotin Tokyo.
Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the Artist & Perrotin.
Exhibition view of Jesper Just "Seminarium" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the Artist & Perrotin.

All natural elements in the world have an equal importance and agency, whether that agency is tapped into and allowed to flourish or not. In many ways, Seminarium is a way of trying to re-order existing power dynamics and newly established alternative ways of co-existing.



世界に存在するすべての自然的要素は、繁栄することを認められているか否かに関わらず、同等の重要性と自主性を持っていると思うのです。《Seminarium》は数多くの意味で、既存の力関係を再編成し、新たに代替的な共存方法を確立しようと試みるものです。



— Jesper Just
Jesper JUST

Born in 1974 in Copenhagen, Denmark
Lives and works in New York, New York, USA

Internationally recognized artist Jesper Just (born in 1974, lives in New York) represented Denmark at the 55th Venice Biennial in 2013. His work has been the subject of solo exhibitions in diverse and international institutions, among them The Palais de Tokyo, Paris, France, Performa15; MAAT - Museum of Art Architecture & Technology, Lisbon, Portugal; Kunsthal Charlottenborg, Copenhagen, Denmark; Times Square, New York, USA; The National Museum of Modern and Contemporary Art, Seoul, South Korea; Heart Herning Museum of Contemporary Art, Herning, Denmark; Anahuaccali Museo, Coyoacán, DF, Mexico; BALTIC Centre for Contemporary Art, Gateshead, UK; Fundacao Calouste Gulbenkian, Lisbon, Portugal; Brooklyn Museum of Art, New York, USA; Stedelijk Museum, Amsterdam, The Netherlands or Hammer Museum, Los Angeles, USA. Just’s work is included in public collections such as the Louisiana Museum of Modern Art, Denmark; The Metropolitan Museum of Art, New York, USA; Tate Modern, London, UK; Heart Herning Museum of Contemporary Art, Herning, Denmark; Castello di Rivoli, Turin, Italy; the Carnegie Museum of Art, Pittsburgh, USA; The Museum of Modern Art, New York, USA; Guggenheim Museum, New York, USA; The National Museum of Modern and Contemporary Art, Seoul, South Korea, amongst others.


イェスパー・ジャスト(1974年生まれ、現在ニューヨーク在住)は国際的に評価されているアーティストで、2013年には第55回ヴェネチア・ビエンナーレにデンマーク代表として参加しました。ジャストの個展はさまざまな国際機関で開催されており、例として:パレ・ド・トーキョー(フランス、パリ)、ミュージアム・オブ・アート・アーキテクチャー・アンド・テクノロジー - MAAT(ポルトガル、リスボン)、Kunsthal Charlottenborg(デンマーク、コペンハーゲン)、タイムズ・スクエア(米国、ニューヨーク)、国立現代美術館(韓国、ソウル)、ヘアニング現代美術館 - Heart(デンマーク、ヘアニング)、アナワカリ美術館(メキシコ、DF、コヨアカン)、バルティック現代美術センター(イギリス、ゲーツヘッド)、カルースト・グルベンキアン財団(ポルトガル、リスボン)、ブルックリン美術館(米国、ニューヨーク)、ステデライク美術館(オランダ、アムステルダム)、ハマー美術館(米国、ロサンゼルス)などがあります。また、ジャストの作品は様々なパブリック・コレクションに収蔵されており、例として:ルイジアナ近代美術館(デンマーク)、メトロポリタン美術館(米国、ニューヨーク)、テート・モダン(イギリス、ロンドン)、ヘアニング現代美術館 - Heart(デンマーク、ヘアニング)、カステッロ・ディ・リヴォリ(イタリア、トリノ)、カーネギー美術館(米国、ピッツバーグ)、ニューヨーク近代美術館(米国、ニューヨーク)、グッゲンハイム美術館(米国、ニューヨーク)、国立現代美術館(韓国、ソウル)などがあります。



More about the artist
MORE ON SOCIAL MEDIA 👀
List of artworks
ROOM 1
ROOM 2