Bitter Nest
Nina CHANEL ABNEY, Genesis BELANGER, Judy CHICAGO, Mark Thomas GIBSON, Faith RINGGOLD, Emily Mae SMITH, Chiffon THOMAS, Robin F. WILLIAMS
group show
June 15
- July 17, 2021
+ add to my calendar
Tokyo

Piramide Building, 1F, 6-6-9 Roppongi, Minato-ku









Spanning from the 1970s to the present, Bitter Nest brings together a trans-generational group of American artists whose work takes measure of the respective cultural climates in intervals throughout the past half century, acting as societal barometers and presenting truths at various times and in a variety of expressive forms. The show's title, Bitter Nest, is derived from a quilted series of works by Faith Ringgold, one of the artists at the center of this exhibition.


「ビター・ネスト」は1970年代から現代までの、世代を超えた米国人アーティスト達が一堂に会するグループ展です。参加アーティスト達の作品は、社会のバロメーターとして過去半世紀にわたる各文化的風潮を捉え、様々な時代の真実を多様な形で表現しています。展覧会タイトル「ビター・ネスト」は、本展の中核をなすアーティストの一人、フェイス・リングゴールドが制作したキルト作品シリーズに因んでいます。

View of the exhibition, Bitter Nest, Perrotin, Tokyo, Japan
View of the exhibition, Bitter Nest, Perrotin, Tokyo, Japan

Faith Ringgold is a painter, mixed media sculptor, performance artist, writer, teacher and lecturer. Growing up in the creative and intellectual context of the Harlem Renaissance, she is widely recognised for her painted story quilts combining personal narratives, history and politics.


フェイス・リングゴールドは、画家、ミクスト・メディア彫刻家、パフォーマンス・アーティスト、ライター、教師、講師として活動しています。ハーレム・ルネッサンスの創造的かつ知的な文脈下で育ったリングゴールドは、個人的な物語、歴史、政治を組み合わせた、物語性のあるキルト・ペインティングで広く知られています。

Judy Chicago is an artist, author, feminist, educator, and intellectual whose career now spans six decades. As an artist, Chicago has remained steadfast in her commitment to the power of art as a vehicle for intellectual transformation and social change and to women's right to engage in the highest level of art production.


ジュディ・シカゴは、アーティスト、作家、フェミニスト、教育者、知識人であり、そのキャリアは60年にも及びます。アーティストとしてのシカゴは、アートの力を知的変革や社会改革をもたらす一手段として用いるとともに、女性が最高峰のアート作品制作に従事する権利について、不動の信念を持ち続けています。

Artists have long been at the center of the demand for justice in the U.S., holding a mirror, to the nation’s imperfect and improbable union. Weaving together a number of intersectional threads — from feminism to critical race theory, environmental politics and capitalism — the artists on view demonstrate not only an awareness of the myriad issues of their moments, but an awareness of themselves as artists, people, and agents of truth.


米国において、アーティスト達は長きにわたり“正義の要求”の中心的存在であり、自国の不完全さや異常性を映す鏡の役割を果たしてきました。本展参加アーティスト達は、フェミニズムから批判的人種理論、環境政治、資本主義に至るまで、数々の交差する糸を織り交ぜながら、各々の時代における無数の問題への認識、さらにはアーティスト、人間、真実の一端としての自己認識をも示しています。

Nina Chanel Abney’s paintings capture the frenetic pace of contemporary culture. Broaching subjects as diverse as race, celebrity, religion, politics, sex, and art history, her works eschew linear storytelling in lieu of disjointed narratives. The effect is information overload, balanced with a kind of spontaneous order, where time and space are compressed and identity is interchangeable.


ニーナ・シャネル・アブニーのペインティングは、現代文化の猛烈な速さを捉えています。その作品には、人種、セレブ、宗教、政治、セックス、美術史など、多様な題材が扱われ、直線的なストーリー展開を避けた支離滅裂な物語が描かれています。これにより、時と空間が圧縮され、アイデンティティが代替可能な、ある種の自然発生的な秩序とのバランスがとれた、情報過多という効果をもたらすのです。

Genesis Belanger’s work is characterized by the treatment of objects as surrogates for the body. Sculpted in stoneware and tinted in fondant hues, and working with a wide range of material, Belanger’s work most often takes on human features, made uncomfortably familiar as they begin to resemble us. The artist's psychologically charged imagery ultimately points to society’s progressive, yet stagnant, movement in gender stereotypes and equality as well as critiques mass consumerism.


ジェネシス・ベランジャーの作品は物体を身体の代替品として取り扱うことを特徴としています。ベランジャーの立体作品は石器でできており、フォンダン・ショコラのような色彩をまとい、幅広い素材を用いて制作されています。その形状には人間の身体的造形を取り入れることが多く、私達に想起させるそのビジュアルには不快なほど親しみが湧くようです。ベランジャーが表現する心理的にかき立てられたイメージを突き詰めると、進歩しつつも停滞する社会のジェンダーに対する固定観念や平等性を指摘するとともに、大量消費主義を批判しています。

Mark Thomas Gibson is a painter, cartoonist, professor, and writer who uses modes of caricature, pop, fantasy and narrative to reflect on current American history. Gibson’s political images combine escalation and despair as they subvert the fixed center of our shared narrative.


マーク・トーマス・ギブソンは、画家、漫画家、教授、ライターであり、カリカチュア、ポップ、ファンタジー、物語性などの手法を用いて現代アメリカ史を考察しています。ギブソンが描く政治的なイメージにはエスカレーションと絶望が組み合わされており、私達が共有して持つ物語の中央に固定されたものを覆すようです。

Emily Mae Smith creates lively compositions that offer sly social and political commentary, with a nod to distinct historical painting movements, such as symbolism, surrealism, and pop art. Her lexicon of signs and symbols — including her avatar, an anthropomorphic broomstick figure — speak to contemporary subjects, including gender, sexuality, capitalism, and violence.


エミリー・メイ・スミスは、象徴主義、シュルレアリスム、ポップアートなど、絵画史上特徴的な運動を参考に、社会的・政治的批評をほのめかす、いきいきとした構図を描き出します。自身のアバターである“擬人化されたほうき”を始めとする、スミスが用いる記号やシンボルは、現代のテーマである、ジェンダー、セクシュアリティ、資本主義、暴力などに語りかけます。

Chiffon Thomas’s practice is an interdisciplinary one, spanning hand embroidered mixed media painting, collage, drawing, and sculpture. Identifying as a non-binary queer person of color, Thomas’ powerful figurative assemblages examine the difficulties faced by defining one’s identity in contemporary society through tactile methods of hand embroidery, and collaged found material and paint.


シフォン・トーマスのプラクティスは、手刺繍を織り交ぜたミクストメディア・ペインティングや、コラージュ、ドローイング、立体作品など、複数分野にまたがるものです。トーマスは自身をノンバイナリーでクィアな有色人種であると認め、手刺繍、ファウンド・マテリアルやペイントを用いたコラージュといった触覚的な手法を通して、力強く具現的なアッサンブラージュを制作し、現代社会においてアイデンティティを定義することにより直面する諸困難を考察しています。

Robin F. Williams’s figurative paintings explore pervasive American narratives about childhood, identity and gender. In her practice, Williams deconstructs the coded visual narratives of American media in order to disrupt and complicate the gaze between subject and object.


ロビン・F・ウィリアムズのフィギュラティヴ・ペインティングは、米国に広く浸透する、幼少期、アイデンティティ、ジェンダーなどにまつわる様々な物語を探求しています。ウィリアムズのプラクティスは、米国のメディアに登場する記号化されたビジュアル的物語行為を分解することで、主体と客体との間の眼差しを乱し、複雑化させるものです。

In a 1964 text, the poet and revolutionary Amiri Baraka - Faith Ringgold’s contemporary - wrote about the use of personhood and narrative within contemporary art, “Poems have got, literally, to be about something. And the weights of love, murder, history, economics have got to drag whoever’s writing in a personally sanctified direction or else there will be no poems at all. But it is not the direction that’s interesting, or makes literature or art, but the replaying of it, by the poet.”

All of the artists in Bitter Nest are storytellers, harnessing the power of their own subjectivity to change the stakes, and encourage the proliferation, diversification, and retelling of perspective.


フェイス・リングゴールドと同時代の詩人で革命家のアミリ・バラカは、1964年に現代アートにおける人格と物語の使用について次のように書いています。「詩は、文字通り、何かについてでなければならない。そして書き手は、愛情、殺人、歴史、経済の重みによって、個人的に神聖化された方向に引っ張られるはずだ。そうでない限り、詩は全く存在し得ない。しかし、(詩を)面白くし、文学や芸術を作るのは、方向性そのものではなく、詩人が方向性をリプレイ(再演)することである。」

「ビター・ネスト」参加アーティストは、全員がストーリー・テラーであり、自身の主観性という力を活用するとともに、視点を増やし、多様化し、再話することを促しているのです。

MORE ON SOCIAL MEDIA 👀
List of artworks
ROOM 1
ROOM 2