July 20
- August 20, 2022
+ add to my calendar
Tokyo

PIRAMIDE BUILDING, 1F, 6-6-9 ROPPONGI, MINATO-KU

Perrotin Tokyo is pleased to present Index Array, a new exhibition by American artist, Leslie Hewitt, opening July 20th and on view through August 20th, 2022. The exhibition presents a new body of work by the New York City and Houston, Texas-based artist titled Daylight/Daylong along with a single low-profile sculpture.


ペロタン東京はこのたび、米国人アーティスト、レスリー・ヒューイットによる展覧会「Index Array」を2022年7月20日から8月20日までの会期にて開催いたします。本展では、ニューヨーク・シティとテキサス州ヒューストンを拠点に活動するヒューイットが手掛ける一連の新作《Daylight/Daylong》と、床置きの薄型立体作品一点が展示されます。

View of the exhibition "Index Array" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist and Perrotin.
View of the exhibition "Index Array" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist and Perrotin.
View of the exhibition "Index Array" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist and Perrotin.

In Daylight/Daylong Hewitt presents her research at Chinati in the form of a series of photographs composed as diptychs. On the left side of each composition, Hewitt captures the sunrise streaking across the West Texas horizon, in response to the right side where she frames through abstraction her sensory experience of Flavin’s light installation, untitled (Marfa Project), 1996. Composed inside of an artist-designed wooden box, Hewitt’s frames are set at a parallax with varying depths, giving each work a unique angle. The three-dimensional quality at once invites viewers to engage the works from different sides, and angles, while also questioning the use of optics in the works. Installed in a line, undulating in depth, the works in concert form a syncopation between light and color; past and present. Through the prism of a retina, the lens of a camera, or the angled glass of each frame, light, color, and image are refracted and reimagined in the viewer’s perspective.


《Daylight/Daylong》はヒューイットのチナティでのリサーチ活動をもとに、ディプティク(二連画)という形で構成した一連の写真作品群です。各構図の左側はテキサス州西部の地平線から光放つ朝日を捉え、右側はフレイヴィンの光のインスタレーション《Intitled (Marfa Project)》(1996年)から得た“自身の知覚体験”を抽象化し、フレームに収めています。ヒューイットが自らデザインした木箱のなかに構成されたフレームは、その異なる奥行きで視差を生み出し、各作品に特有のアングル(見え方)を与えています。この三次元性は、鑑賞者に様々な側面や角度から作品に関わることを促すと同時に、作品中における光学の活用を問うものです。一列に並べられ、その奥行きが波打つ作品群は、一斉に光と色、過去と現在のシンコペーションを形成しています。網膜のプリズム、カメラのレンズ、あるいは各フレームの角度のついたガラスを通して、光、色、イメージは屈折し、鑑賞者の視点に再構築されるのです。

Inspired by where time and concepts of space meet and expand, Hewitt’s practice has long meditated on geometries and collage, juxtaposing disparate images or objects to generate a unified form. Whether in the form of a still life, or in her more recent series of monoprints, Hewitt’s assemblage witnesses riffs in time and gulfs in information––particularly histories of erasure. We see this further reflected in Hewitt’s low profile sculpture Untitled, 2017 composed in copper and oak wood. Eleven copper dowels rest atop five wooden boards, each grooved with twelve openings to support the dowels. Installed at an angle, the sculpture generates a grid, proposing a new, soft geometry occurring within the space. Eschewed, each material generates a guiding line, way finding through the architecture of the gallery.


時間と空間の概念が出会い、拡張する点にインスピレーションを得たヒューイットのプラクティスは、長きにわたり幾何学とコラージュを熟考し、異種のイメージやオブジェクトを並置することで一体化された形を生み出してきました。それが静物画という形であれ、近年のモノプリント版画のシリーズであれ、ヒューイットのアッサンブラージュは、時の反復や情報の溝、特に抹消された歴史を捉え示しています。このことは、銅とオーク材で構成された彼女の作品には珍しい立体作品《Untitled》(2017年)によりよく反映されています。この作品では、11本の銅の角型のダボが5枚の木板の上に置かれ、それぞれの木板にはダボを支えるための溝が12個設けられています。角度をつけて設置されたこの立体作品はグリッドを生成し、空間のなかに新たな柔らかい幾何学を創出します。各素材は控えめでありながら、ギャラリーの建築のなかに道しるべとなる指標を生み出します。

View of the exhibition "Index Array" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist and Perrotin.
View of the exhibition "Index Array" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist and Perrotin.
View of the exhibition "Index Array" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy of the artist and Perrotin.
Leslie Hewitt, installation view, Dia Bridgehampton, New York, 2022

Hewitt concurrently presents a solo exhibition at the Dia Art Foundation’s satellite location, Dia:Bridgehampton, the home of the Dan Flavin Art Institute. The works in Daylight/Daylong were conceived while Hewitt was preparing for her solo exhibition at Dia, a prelude to her presentation alongside the twentieth century light sculptor.


今回ヒューイットは、ディア芸術財団のサテライト施設であり、ダン・フレイヴィン・アート・インスティテュート所在地のディア・ブリッジハンプトンに於いても、個展を同時開催いたします。《Daylight/Daylong》に含まれる作品は、ヒューイットがディアでの個展に向けた準備を行うなかで生み出されたものであり、20世紀の光の彫刻家であるダン・フレイヴィンの作品との展示における“前奏曲”なのです。

Leslie Hewitt's residency at Chinati Foundation, Marfa, Texas, 2021. Photo by Leslie Hewitt.
Leslie Hewitt's residency at Chinati Foundation, Marfa, Texas, 2021. Photo by Leslie Hewitt.
Leslie Hewitt's residency at Chinati Foundation, Marfa, Texas, 2021. Photo by Leslie Hewitt.
Leslie HEWITT

Born in 1977 in New York, New York, USA
Lives and works in New York, New York, USA

Leslie Hewitt (born 1977 in Saint Albans, New York; lives and works in New York City and in Houston, Texas) received her MFA from Yale University and her BFA from the Cooper Union, where she is an associate professor. Hewitt has held solo exhibitions at Dia Bridgehampton, New York; the Sculpture Center, New York; the Power Plant, Toronto, Canada; the Minneapolis Institute of Art; The Menil Collection, Houston; Contemporary Art Museum St. Louis; and the Institute of Contemporary Art/Boston, Douglas Hyde Gallery, Trinity College, Dublin, Ireland; among others. She is the recipient of numerous awards and grants, including the Guggenheim Fellowship, the Berlin Prize, the Joyce Alexander Wein Artist Prize, and was a Radcliffe Fellow for Advanced Studies at Harvard University. She has held residencies at the Core Residency Program the Museum of Fine Arts, Houston; the Studio Museum in Harlem; and Skowhegan School of Painting and Sculpture. Hewitt’s work is in numerous public collections including the Metropolitan Museum of Art, New York; the Museum of Modern Art, New York; the Solomon R. Guggenheim Museum, New York; the Whitney Museum of American Art, New York; the Los Angeles County Museum of Art, Los Angeles; the San Francisco Museum of Modern Art, San Francisco; The Walker Art Center, Minneapolis; and the Museum of Contemporary Art, Chicago; among others.


レスリー・ヒューイット(1977年、ニューヨーク州セント・オールバンズ生まれ。ニューヨーク・シティとテキサス州ヒューストンを拠点に活動)は、クーパーユニオン学士課程を卒業後、イェール大学で修士号を取得し、現在はクーパーユニオンで准教授を務めています。これまでに、ディア・ブリッジハンプトン(ニューヨーク)、スカルプチャー・センター(ニューヨーク)、パワー・プラント(カナダ・トロント)、ミネアポリス美術館、メニル・コレクション(ヒューストン)、セントルイス現代美術館、インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツ(ボストン)、トリニティ・カレッジ・ダグラス・ハイド・ギャラリー(アイルランド・ダブリン)などで個展を開催しています。また、グッゲンハイム・フェローシップ、ベルリン・プライズ、ジョイス・アレクサンダー・ウェイン・アーティスト・プライズなど、数多くの賞やグラントを受賞するとともに、ハーバード大学ラドクリフ高等研究所のラドクリフ・フェローに選出されました。さらに、ヒューストン美術館のコア・レジデンシー・プログラム、スタジオ・ミュージアム(ハーレム)、スカウヒーガン絵画彫刻学校などにて、アーティスト・イン・レジデンスを経験しています。ヒューイットの作品は、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)、ニューヨーク近代美術館、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)、ホイットニー美術館(ニューヨーク)、ロサンゼルス・カウンティ美術館、サンフランシスコ近代美術館、ウォーカー・アート・センター(ミネアポリス)、シカゴ現代美術館など、数多くのパブリック・コレクションに所蔵されています。



More about the artist
Shop
List of artworks
ROOM 1
ROOM 2